暁の森から

アクセスカウンタ

zoom RSS 美山〜廃村八丁

<<   作成日時 : 2007/04/29 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

会社の友人に教えてもらったトレッキングコースに挑戦しました。
まずは美山の茅葺民家群へ。連休ということもあって朝早くから沢山の人が訪れていました。
この季節、民家の庭先は手入れされた花木が美しく競い合い、風になびく鯉のぼりなどを見ながらゆっくり歩きたいところですが、今日のメインは廃村八丁。レンゲ畑から遠目に見ただけで先を急ぎました。
画像


この美山から由良川沿いに東へ向い、「出会」から佐々里川沿いに南下し佐々里峠から広河原スキー場を抜け、桂川沿いに南下して「菅原」バス停に車を停めました。自宅から約3時間のドライブ。 いよいよ廃村八丁トレッキング 10:30am開始です。

北山杉の林道をしばらく行くと「左 尾根コース good、右 沢コース 暗く、
険しい」の標識を発見。まよわず尾根コースへ。尾根コースを歩いていると沢山のイワウチワが今が花を咲かせていました。
画像


菅原から一時間あまりでダンノ峠。ダンノ峠から約30分程で同志社大学新心荘に到着。ここにはモミの巨木があり巨大なサルノコシカケが生えていました。
画像画像















新心荘から約20分ほどで四郎五郎峠、さらに45分ほどで廃村八丁に到着。出発地の菅原からは約3時間。この間ほとんど人に出会わず、廃村跡について初めて人に遭遇しました。
画像画像















不思議な建物。内部には神戸外大の文字が見えます。
持ってきたおむすびとプチトマトでようやくお昼休憩です。
画像

廃村八丁を後にして、ソトバ峠を越え、衣懸坂経由で菅原まで帰る予定でした・・・
ところが、ソトバ峠付近で工事が行われていて道がわからなくなり、持ってきていた地図の枠外へ下山道が続いていて帰る術もわからぬままとりあえず小塩方面へ下山してしまいました。小塩に着いたのは4:45pm 運良く、小塩から井戸方面へ向かう最終バスに乗ることができ、井戸バス停で次の乗り継ぎバスを待っていると地元の小父さんが心配して声を掛けてくださいました。事情を話すと菅原まで送ってくださるとの事。
菅原まで片道30分の山道を親子3人乗せてもらい、車中楽しいお話を聞かせてもらいました。
思ってもみない親切を受けて今日一日がすばらしい日になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この辺りはよく通りますが、廃村八丁の事は知りませんでした。
車でいけるとこだけではこの様な光景には出会うことが出来ませんね。
ところで大変な目に会いましたね。危うく「遭難」!するとこでしたね・・でも救助!されて良かった。(笑)(^o^)丿
じょうじ
2007/05/07 21:34
廃村八丁は険しい難所もなく楽しいトレッキングコースでしたが、「迷ったら戻る」という鉄則に反して危ういことになってしまいました(^^ゞ
これまでにも山中で日が暮れそうになって走るように下山したり、滑落して入院したりと、危うい目に遭ったことがあります。
今回は「終わりよければすべて良し」でしたが、やはり準備と鉄則を怠ってはいけませんね。再認識しました。
あかつき
2007/05/07 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
美山〜廃村八丁 暁の森から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる