暁の森から

アクセスカウンタ

zoom RSS 『武士の一分』

<<   作成日時 : 2006/12/13 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前 山田洋次監督、藤沢周平原作の『たそがれ清兵衛』を見てそのリアリティあふれる時代劇に感動しました。
真田広之が演じる下級武士“清兵衛”の日々の仕事、家庭での暮らし、親戚との付き合いなど、親近感をもって見ることができました。また一方でやむなく人を斬りに行くシーンでは、テレビドラマで繰り広げられる派手な殺陣とは違い、刀の一振りごとに命がかかっているという緊張感が漂っていました。

その同じ山田、藤沢コンビ作品『武士の一分』です。
主役の下級武士 “三村新之丞” に木村拓哉、叔母に桃井かおり、憎まれ役の武士に坂東三津五郎と豪華なメンバーですが、三村新之丞の奥方役の壇れいと、新之丞の中間(主人の世話をする下僕)笹野高史に存在感がありました。
それぞれの立場で新之丞に尽くそうとする無償の愛に心打たれました。
山形弁の美しく暖かい響きも大事な要素です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『武士の一分』 暁の森から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる